借金地獄から抜け出すには

借金地獄から抜け出すには?

 

いざという時のために貯金をしておき、万が一出費が発生してしまった時のために貯えておいた貯金をその出費に充てる。

 

万が一の為の備えというのは、借金生活に陥らないための基本ですが、人生はそう簡単なものではありません。

 

出費の額が収入の範囲内で収まっていれば問題はありませんが、色々なきっかけで収入を超える出費が発生してしまったり、突然収入がストップしてしまってお金は出ていく一方。
そして借金生活が始まっていきます。

 

  • それ程貯金が無いにもかかわらず、クレジットカードという大変便利なものを手にしてしまったがために、ついつい使い込んでしまった。
  • やっと手に入れた念願のマイホーム。ある程度の悦役生活を続けていけば、この程度の住宅ローンなら返せるだろうと思って順調にスタートしたローン生活。
  • ところが不況のあおりを受け給料は減額される、ボーナスは出ない、残業代はカットされる。そしてついには失業してしまい、住宅ローンの返済はおろか、日頃の生活費にも事欠く状態になってしまった。
  • 突然襲ってきた病。手術を行い長期の休養生活も始まってしまいました。休養状態であるために会社を休業し収入は減る一方。出費は逆にかさんでしまい、そしてついには借金をしてしまう羽目に。

 

こうやって、借金生活が始まってしまいます。

 

当然借金をすると利息が発生してしまいます。そして1年経ち、2年経ち、その借金額も増えていきます。

 

借入件数が増えていくとその借り入れのために奔走したり、資金繰りに時間を取られるようになってしまいます。
精神的には余裕がなくなり、生活が改善する見込みは一向に立たず、益々深みにはまってしまいます。

 

法律が改正されて一昔前ほど高利貸しの業者は減ってきて状況は改善されつつありますが、かといって借りたお金を返せない状況に変わりはありません。

 

こうなってしなっては一人で悩んでいても仕方がありませんし、解決できるものでもありません。

 

ここでは、いくつかの解決方法をみていきます。

 

借金を解決する

 

借金問題で一人で悩んでいるよりは、弁護士等の専門家に相談して借金問題を解決していくことが、一番早く・安心で安全と言えるでしょう。

 

そして一たび弁護士に相談すると決めたら、次に大切なことは「全てを包み隠さず話す」ということです。つまり、自分の借金の全てを出来る限り正確に説明できるようにしておくことが大切です。

 

なぜなら、借金の状況が正確に分かっていないと、解決の方法が思わぬ方向へと進んでしまう事もあるからです。

 

弁護士に相談に行くまでには、

  1. サラ金やクレジット会社が発行したカード、契約書、借用書、領収書等の一切の書類を出来る限り集めて、整理をしておく。
  2. 借金総額・債権者とその数を整理しておく。いつ頃、どこから、いくら、そして現在の残高がどれくらいで、月額の返済額がいくらかなども整理しておく
  3. 家族、親せき、知人などからの借り入れがあれば、それもまとめておく。
  4. 担保に入っているものはないか確認をしておく(例えば不動産など)
  5. 経歴、食例、収入、家族関係、生活費、家賃なども整理しておく。

 

この様に現在の状況をありのままに弁護士に伝えるようにしましょう。

 

と同時にもう一つ重要なことは、ある程度自分なりにどうやって解決したいのかを考え、その考えを弁護士にぶつけてみることも大切です。

 

全てを弁護士任せにしてしまうのではなく、自分の思いも伝えるようにしましょう。

 

債務者と弁護士の間で一番大切なのは、信頼関係です。
お互いが一つになってこの借金問題を解決していくことが、一番の近道と言えるでしょう。

 

続きを読む≫ 2013/09/10 19:17:10

最近の「過払い金請求」のテレビコマーシャルにもあるように、借金問題について司法書士が相談位のってくれるケースも増えてきています。

 

司法書士と言えば、登記等の手続きを依頼するところと考えがちですが、最近では借金整理や借金返済等の相談について、頼りになる司法書士が多くなってきています。

 

特定調停や自己破産の手続き、ほかには借金問題を解決するための方法について詳しい司法書士も多数いますので、心強い相談相手になってもらうことができます。

 

では、弁護士と司法書士では何が違うのでしょうか?

 

借金問題について相談にのってもらう場合、司法書士の方が発生する費用が安く済みます。
しかし、司法書士の方が安いからと言って、借金問題の全てを司法書士にお任せすることはできません。

 

弁護士には、扱える法事事務の範囲や権限の制限はありません。
しかし司法書士の場合は、借金の総額が140万円以下の事件についてのみ、民事訴訟の交渉・和解・代理権が認められるという大きな違いがあるのです。

 

つまり、借金の総額が140万円を超える場合は、司法書士に依頼しても、相談に応じたり書類作成はしてもらえますが、債権者との交渉・和解は全て自分で行わなければなりません。

 

また、債務整理の中でも、地方裁判所に申し立てを行う個人再生、自己破綻の場合は、司法書士には訴訟代理権がありませんので、裁判所に提出する書類作成は依頼できますが、申し立ては債務者本人になってしまいます。

 

続きを読む≫ 2013/09/10 16:50:10

 

弁護士と言っても一般の人にとっては、普通はそれ程かかわりのある職業ではありませんので、知り合いに弁護士がいる方を除いて、相談できる弁護士をどうやって見つけるかが次の課題となります。

 

今では各地に弁護士会がありますし、地方公共団体などの相談機関に行ってみるのも一つの手です。

 

最近では、各地の市役所などでも弁護士による無料相談会が開かれている所があります。

 

無料相談を受けることによって、今抱えている借金問題のすべてを解決出来るわけではありませんが、真剣に相談することによって、何らかの解決の糸口が見えてくるでしょう。

 

弁護士会は、各都道府県にあります。
この弁護士会では、借金の整理方法や自己破産の方法等についても相談することができますし、弁護士を紹介してもらうことも可能です。

 

弁護士は借金整理や借金の問題を解決するプロですから、一日も早く相談に行かれることをお勧めします。

 

 

 

法テラスに相談するという方法もあります。

 

法律的なトラブルで困っている人たちのために、全国どこからでも情報の提供や法律的なサービスを受けることができます。

 

概ね各都道府県に設置されており、相談には専門の弁護士や司法書士があたっています。

 

続きを読む≫ 2013/09/10 16:41:10

抱えてしまった借金の悩みについて他人に相談することは、とても辛いこと。
だから一人で悩みを抱え込んでしまうので、一向に改善の兆しが見えず、どんどん深みにはまってしまいます。

 

今ではそのような悩みに対して相談の窓口が幾つか設けられていますので、勇気を出して相談してみるようにしましょう。

 

 

まずは、弁護士に相談する。
借金地獄から抜け出す方法にはいくつかありますが、必ずと言って良い程法律が絡んできます。場合によっては裁判所へ出向くことにもなりかねません。
よっぽど法律に詳しい方や時間の取れる方でしたら話は別でしょうが、1つの解決方法として弁護士に相談するという方法があります。

 

ご存知の通り弁護士は、依頼人の代理人として法廷に立ったり裁判所と折衝することもできます。また、弁護士に依頼すると債務者自身が仕事を休んで裁判所へ出向く必要もなくなります。

 

何とか一日も早く借金問題を解決したい訳ですから、仕事は一日たりとも休みたくありません。

 

また弁護士に依頼すると、消費者金融業者との交渉も、債務者に代わってやってもらうことができます。

 

借金をしている身にとっては、心強い相談相手がいるというのは、精神的にも大変楽になるものです。

 

一人で悩んでいても、借金の問題は解決できるものではありません。
勇気を出して、弁護士に相談をしてみるのも、一つの解決方法です。

 

続きを読む≫ 2013/09/10 16:29:10